女性写真家チーム/福岡の女性カメラマンによるキャリアビジョンフォト撮影

福岡の女性カメラマンによるキャリアビジョンフォト撮影/
女性写真家チーム株式会社

TEL:092-986-3364

女性写真家チーム電話アイコン

blog

blogブログ

2021-06-06

伝わり方がずれないために

写真という静止画は、いったん使ってしまうとそのイメージがついてしまうので、ここは丁寧に考えたいところです。

伝えたい写真イメージはあるけれど、
なかなかうまく伝えられていない・・・

というお声もよく伺います。

そんな時は第三者に聞かれることをおすすめしています。

私を含め、自分のことってなかなかわからないものですよね。。。

自分にとってあたりまえのことはなおさら気付きにくいし、第三者から言われて気づくことってたくさんあります。

例えば・・・Aさんのケース

高額メニューを扱っている方がいました。

コツコツ真面目にがんばってきて、これまでのご経験をふまえ思い切って単価を上げたところで、撮影のご依頼を受けました。

撮影の場所には、とあるカフェを希望されたのですが

その方の雰囲気とこれから提供するサービスを考えると、カフェを背景にした写真はどうもイメージに合わないのです。

伝えたいイメージと、伝わるイメージにずれ、ギャップがありすぎる・・・と感じた私はあるホテルでの撮影をご提案。(スタジオの写真はお持ちでした)

ご本人的にはまったくもって意外な提案だったご様子でしたが、

お天気やホテル撮影に関して念入りな準備が進み、結果としてホテル撮影が無事終わり、彼女の未来イメージにぴったりのワクワクの未来写真が誕生しました。

「伝えたい」と「伝わる」にずれが生じないために

これって、本来の自分を、ご自分ではあまり認識できていない、、、というところから生じたものと感じました。

本当にもったいない、って思ったんです。

ということで、
「伝わる」にずれを生じさせないために、まずはご自分のイメージをちゃんと知ったうえで、第三者の意見も少し取り入れると良いかなぁなんて思っています。

その時、第三者の意見だからと言って、全部聞く必要はなく(笑
自分の中で「ワクワク」したことだけ取り入れたら良いと思っています。

ちなみに、最初に希望されたカフェですが・・・

チェーン展開のカフェ=安い、早い、便利というイメージがあります。

もちろんカフェでもいろいろありますし、これは決してお店の良し悪しではありません。

大切なことは、その場所があなた自身と伝えたいイメージにあっているかどうか?

ここを丁寧に考えていくことによって
「伝えたいイメージ」と「伝わるイメージ」にずれが生じることが限りなく少なくなり、伝えたい人にちゃんと情報が伝わっていきながら、自分もワクワク進んでいける、という意味においてお互いがハッピーになれるのです。

伝え方で伝わり方が変わる。わからない時はまずは自分の第三者的イメージを聞いてみよう。

まずはここから。

30分無料個別相談@LINE公式アカウントご登録プレゼント

ちなみに今、「フォトグラファー貴子LINE公式アカウント」に登録いただいた方へ「お仕事カラー簡易診断」をプレゼントしているのですが、その中でさらにプレゼント<30分無料個別相談>をおつけしています。

  • 自分の伝え方がわからない
  • 自分の魅せ方がわからない

とお悩みの方は、お気軽にフォトグラファー貴子のLINEからお申し込みくださいね♪

お仕事する人は皆、悩みながら進んでいます。
一緒に進んでいきましょう。


フォトグラファー貴子のLINE公式アカウントはこちらから

ページ上部へ