福岡の女性カメラマンによるキャリアビジョンフォト撮影/
女性写真家チーム株式会社

TEL:092-986-3364

女性写真家チーム電話アイコン

ブログ

blogブログ

2022-08-12

プロフィール写真を替えるタイミング【1、人から言われる】

これまで10年以上、100種類を超える
さまざまな職業の女性たちのビジネス用プロフィール写真を
撮影させていただいてきた経験の中からお伝えしてまいりますね。

まずは大きく分けてこの3つ。

1、人から言われた時

2、違和感を感じた時

3、転機を感じた時

この記事では「1、人から言われた時」について書いています。

1、人から言われた時

「写真と違う」

「実物の方がいい」

と人から言われた時

 

全く気にならなければ
他者のコメントに
一喜一憂する必要はありません。

 

写真は、物言わぬ静止画なので
人によって感じ方、受け取り方が自由です。

時に、本人の意図するイメージとは
まったく離れた印象として
受け止められることもあります。

(ビジネス用プロフィール写真はそうならないよう、しっかりと第三者目線を意識して撮るのですが)

そういう意味では
プロフィール写真というものが
他者の印象に完全にゆだねられる性質のものと承知のうえで
それぞれが写真を使っているわけです。

 

静止画は
それをみる人の、その時その時
環境や心身の状態によって
感じ方や受け取り方が変わることがあるので

プロフィール写真に対して
たとえあまり嬉しくない反応を
もらったとしても

それらに一喜一憂し、ふりまわされたり
ネガティブに受け止める必要はありません。

ただ、ビジネス用プロフィール写真を
替えるタイミングとしてとらえた時に

人から何か言われた時に
もしも、何か自分でもひっかかったり
気になったり、ずっと残ってしまう時

もしかしたら
自分の内側からのサインかもしれず

プロフィール写真の替え時ともいえます。

他者から言われた言葉によって

もしかしたらムッとするかもしれません。
傷つくかもしれません。

でも、少し時間を置いてみて
自分の中の感情に向き合えた時

なんだかざわざわした気持ちが消えないのであれば
思い切って写真を変えてみることで
また一つ、あなたを取り巻く環境が変わり
新しい世界が生まれるかもしれません。

他者の何気ない言葉が
あとで思うとメッセージだった、とか
きっかけになった、ということはよくあることです。

大切なのは

それをメッセージ、サインとして
自分に取り入れるか

または気付かぬふりをして
スルーするか

他者の言葉を通じて
自分の中でどう感じたか

という気持ちが一番大切です。

何か1つでもご参考になれば幸いです。
輝くあなたを応援しています。

<関連記事>
プロフィール写真を替えるタイミング【2、違和感】

プロフィール写真を替えるタイミング【3、転機を感じた時】

ページ上部へ